自分に自信をつけられる仕事

株式会社シズデン
2015年入社 監理課 監理主任
R.I

大学卒業後、当社積算課に入社しました。入社後、研修期間を終え勉強の為現場に配属、現場監理の仕事を1年間行いました。その後、半年間積算課、そこから工事部に異動し、現在まで現場監理の仕事を続けています。
現場監理の仕事では、工程・施工品質・安全面等の監理を行っています。施工上の問題点等、打合せ、臨機応変に対応が求められる事が多く、常に緊張感を持って仕事しています。

シズデングループに入社を決めた理由を教えてください。

大学時代に建築の授業を履修していたこともあり、建設業界に興味がありました。建設業界でありながら電気設備の分野は全く知識がなく、想像がつかないところに興味を感じました。また地元企業であること、入社後に教育を受けられることもあり当社に入社を決めました。自分自身、技術職として手に職をつけたかったので、個人のスキルとしても成長できることが理由になったと思います。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

現場を統括する現場代理人として現場を任される為、個人として大きな責任を持たされる事にやりがいを感じます。この仕事の領域は本当に幅広く、工事内容・状況も多岐にわたるので日々勉強です。しかしその分、苦労を積み重ねて竣工までやり遂げることに充実感が得られます。お客様が安心して電気設備を使用できるよう、責任を持って仕事に取り組んでいます。

あなたの今の目標は何ですか?

今後は経験を積み、より大きな仕事を任せられるようになることが目標です。しかしながら、規模の大きい現場になると求められる知識も多く、現場を効率よくマネジメントする能力も今の自分にはありません。何年かかるかわかりませんが、今後携わる現場で一つ一つ成長していきたいと考えています。

Message

入社し、実際に働いてみないとわからないことが多い仕事かもしれませんが、学ぶことが多く、また個人としても任される裁量が大きいので、自身の成長につながると思います。
先輩社員もサポートしてくれるので、働きやすい環境だと思います。